職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

野村監督と揉めて二軍落ち-トラヴィス・ドリスキル

トラヴィス・ドリスキル TravisDriskill
1971年8月25日生まれ ネブラスカ州出身
身長:182cm 体重:84kg
右投げ右打ち テキサス工科大-インディアンス-アクロン(2A)-バファロー(3A)-ヤクルトスワローズ(1998)

f:id:tomasonkarimura:20171109013638p:plain
(Eはイースタンリーグ)

1998年、ヤクルトに入団した助っ人投手。27歳という若い年齢での来日だった。入団前年は3Aバファローで27試合に登板し、142回7勝7敗、4.75という成績を残していた。 

カーブ、スライダー、フォークを投げる投手でコントロールがいいという話だったが、成績はいまひとつ。さらに野村克也監督と起用法で揉めたらしく、4月に二軍へ降格した。 

二軍でも防御率6.13という成績で早くも7月に自由契約。まだ若い年齢だけにもったいなかったのではないだろうか。ちなみにヤクルト退団後となる2002年、オリオールズでメジャーデビューを果たし、8勝8敗と結果を残した。


※参考文献 『江川卓スカウティングレポート'98』(ザ・マサダ)

『ベースボールマガジン98年冬季号』(ベースボールマガジン社) 読売新聞