職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

引退後は名指導者へ転身-野本喜一郎

野本 喜一郎 のもと・きいちろう
1922年生まれ
身長: 5尺5寸(167cm) 体重:17貫500匁(66kg)
右投げ右打ち 不動岡中学校-川崎コロムビア-西日本パイレーツ(1950)-西鉄ライオンズ(1951~1952)-近鉄パールス(1953)

f:id:akirachris:20191202001134p:plain

川崎コロムビア時代は、古谷法夫と共に活躍。
1950年に新しくできた西日本パイレーツに入団した。

1年目は負け越してしまったが、チームトップとなる48試合に登板。チーム内では頼りになる投手であったことは間違いない。

2年目は合併で西鉄へ移籍するも20試合と登板数が減少。4年目の近鉄に移った1953年オフに現役を引退した。まだ引退するほどではない成績にも思えるが、当時のプロ野球では余力を残して引退することは、そこまで珍しくなかった。

横手から投じられるシュートと、小さく曲がるカーブを武器とした。

現役時代よりも指導者として有名な野球人の一人であり、引退後は上尾高校や東洋大学、浦和学院高校などで監督を務め、多くの選手を指導した。現・浦和学院高校監督の森士を指導した話は有名だ。


※参考文献 読売新聞 雑誌『少年クラブ』