職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

引退後はアメフトの審判に転身-アーロン・ポインター

アーロン・ポインター Aaron Pointer
1942年4月18日生まれ アーカンソー州リトルロック出身
身長:187cm 体重:82kg
右投げ右打ち サンフランシスコ大学ーアストロズー?ー3Aタコマー西鉄ライオンズ(1970~1972) 

f:id:akirachris:20191129133052p:plain

ライオンズ入団前はアストロズ・カブス3Aタコマで活躍。1966年にはマイナーで盗塁王を獲得した。
入団時の交渉は当時ライオンズに在籍していたスコット・ボレスが担当したようだ。

ライオンズでは1年目からレギュラーとして活躍し、打率.260 22本 67打点 16盗塁と活躍を見せた。ところが、2年目は成績が落ち、スタメン出場試合も減少。代打が主に。
また、守備位置も中堅手、一塁手、三塁手と移り変わりが激しくなった。

3年目はさらにスタメン出場が32試合のみと減少。ホームランもほとんどが、代打で放ったものだった。

引退後はタコマに戻り、NFLの審判へと転向した。


※参考文献 読売新聞 小川勝『プロ野球助っ人三国志』 スタメンアーカイブ

2014年7月4日投稿