職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

二軍では好成績もチャンスを貰えず-井上貴朗

井上 貴朗 いのうえ・たかお

1975年7月16日生まれ 千葉県出身

身長182cm 体重82kg 右投げ右打ち

佐倉高-阪神タイガース(1994〜2001)-千葉ロッテマリーンズ(2002〜2003)

f:id:akirachris:20181107215645p:plain

佐倉高で活躍し、1993年のドラフト5位で阪神に指名され入団。

縦に割れるカーブを武器とし、2年目から一軍登板を果たした。しかし、その後は二軍で好成績を残したようだが、入団4年で一軍登板は16試合に留まった。

 

転機が訪れたのが1998年。スライダー、フォーク、カーブと球種を増やし、27試合に登板。先発11試合、リリーフ16試合と役割を問わず投げた。しかし、2勝9敗と負け越しており、好成績は残せず。

 

それ以降も二軍では結果を残すも一軍での登板はなく、2001年オフに自由契約となった。この年も二軍で30試合に登板し、6勝0敗、防御率2.81の成績を残していたが、一軍での登板機会は与えられなかった。ちなみにこの頃になるとシュートも投げるようになっている。

テストでロッテに入団する運びとなった2002年だが、二軍で5勝4敗、防御率3.12と結果を残すも、一軍ではわずか2試合の登板に終わった。

 

2003年も9試合の登板に終わると、オフに自由契約となり、現役を引退。その後は巨人で打撃投手を務めるなどしたが、2007年に同球団を退団し、飲食店の経営に携わるなどした。そして現在は山本特殊鋼株式会社に勤めている。

 

二軍では結果を残したものの、一軍での登板機会に恵まれなかった印象。ロッテへの移籍をチャンスとしたかったが。