職業野球を追いかけて

引退・戦力外・自由契約になったプロ野球選手を紹介したり、トレードやドラフトなどの各種データを掲載するブログです。

日本人野手最長・194cmの長身-伊東亮大

伊東 亮大 いとう・りょうた

1989年7月27日生まれ 神奈川県出身

身長194cm 体重92kg  左投げ左打ち

桐光学園高-武蔵大-日本製紙石巻-東北楽天ゴールデンイーグルス(2015〜2017)

f:id:akirachris:20181018161018p:plain

社会人時代はチームで4番を務め、2013年には社会人ベストナインにも選出されるなど活躍を見せた。

この実績から2014年にドラフト7位で指名され、楽天に入団。

 

とにかく注目されたのが身長で、なんと194cm。これは高橋智と並んで、NPBの日本人野手史上トップタイ(2014年当時)。前述の通り4番を務めたこともある打者であり、このがっしりした体格から放たれる長打に期待が懸かった。

 

1年目は前半戦で代打起用されたあとに登録抹消。後半に一軍昇格し、9月27日に「7番・指名打者」で初スタメンを飾ると、その日の第2打席でプロ初安打、初本塁打を記録した。この年は最終的にスタメンで合計6試合起用され、打率.273、2本塁打とパワーがあるところを見せつけた。

 

長い腕のためか外角球に強いように見え、実際に本塁打の1本は外角を打ってのものだった(もう1本は真ん中高めの球)。

一方で腕をたたまないといけないためか、内角の球は苦手としているようだった。

また、一軍ではすべて代打か指名打者での出場で、守備には就かず。二軍では一塁手として5試合、外野手として21試合に出場したが、特別守りで光る点は無し。左投げのためポジションも限られる。

 

そうなると打力でアピールしないといけないのだが、このシーズンは打率.237、2本塁打と二軍ではいまひとつ。意外と脚の速さがあったのか、盗塁を10回成功させて失敗は1回のみと打力以外での活躍は見せたものの、次のシーズン以降はどうなるかわからない状況だった。

 

そして迎えた2年目だが、一軍出場はなし、二軍でも打率.167(90-15)、1本塁打と悪い方へ転がってしまった。その結果、シーズン終了後に自由契約となり、育成枠に降格。崖っぷちに追い込まれてしまった。

 

それでも3年目の2017年は二軍で打率.281(128-36)、3本塁打と巻き返しに成功。このまま支配下復帰となりたいところだったが、オフに戦力外通告を受けて退団する運びとなった。

悪くない成績に思えたが28歳という年齢を考えると、打率が3割を超えるなど、さらに上の活躍を見せないといけなかったのかもしれない。

 

その後、伊東はTwitter上で引退を表明。神戸拓光もそうだが、高身長野手の活躍の鍵は内角の捌き方にあるのかもしれないと思わされた選手だった。